とても簡単!ピロリ菌の駆除は必須

ガスターで認知機能低下

週刊東洋経済(2020 2/15号)より。
胃腸薬として有名なガスターが、高齢者の認知機能低下や「せん妄」「錯乱」「意識障害」「うつ状態」を引き起こすおそれがある。

過敏性腸症候群(IBS)

日本人の10〜15%が発症するストレス関連疾患

何を隠そう!わたしも学生時代は過敏性腸症候群に悩まされ、授業もまともに聞いていられませんでした。
キッカケは小学校の給食に出る牛乳。乳糖不耐症という乳製品に含まれる乳糖という糖分のアレルギー体質であることに、当時は全く気づきませんでした。段々とお腹が気になって、途中で抜けられない授業の時間が恐怖になり、鬱的にもなりました。適応薬がまだ無かった頃ですね。さて、どうやって治したのでしょう?

IBSは4タイプ

下痢型・便秘型・交代型+ガス型

交代型…下痢と便秘が両方あるという場合。

ガス型…小腸で消化吸収されなかった食物を大腸の腸内菌が分解しようと沢山のガスを出した結果、お腹が張ってオナラが出る(あるいは出ない)状態です。

⬇︎

現在は画期的な薬があるのですね!
その名も「イリボー」
しかし、有効率は46.9%とのこと。
便秘型や交代型の方は飲めません。
過敏性腸症候群は腸の知覚過敏で
腸は「第二の脳」と呼ばれています。
脳内神経伝達物質セロトニンの過剰放出が
知覚過敏の原因とされ、
セロトニンを抑制するイリボーが開発されました
添付文書を読むと
「劇薬」「副作用:虚血性大腸炎・重篤な便秘」とは
怖い薬ですね。。

ゲル形成薬「コロネル」という薬もあります。
添付文書には「対症療法である」と注意書きが。。

⬇︎

対症療法で「治った」という話も聞きますが
多くの場合、治らないです。

米国では病欠の原因2位

1位は風邪で、2位がなんと過敏性腸症候群です。

10代〜30代に多い症状で発症ポイントは
・入学後
・新学期
・入社後
・部署移動後
・転職後
が多いようです。
そして、環境が落ち着くと治ることも多いようです。

内視鏡で見ても「炎症なし」

過敏性腸症候群を裏付ける検査はありません。

5つの原因

1.感染性胃腸炎の後である
サルモネラ菌やカンピロバクターなど細菌やウイルス性胃腸炎が原因となっている場合。

2.ストレス・不安がある

3.食物不耐症とアレルギーがある
代表的なものに「乳糖不耐症」があり、私も学生時代はこれで過敏性腸症候群に悩まされました。アジア人・日本人には、乳製品に含まれる乳糖という糖分を分解する酵素が欠損している人が多いとされます。

4.特定の食べ物が小腸で消化吸収できない
できなかった食べ物が大腸に落ちて、腸内細菌がそれを分解しようとする過程で異常にガスが出ることで腹痛や下痢・便秘を発症します。

IBSを起こす特定の食べ物を「FODMAP」と呼びます。

F.ブドウ糖・ショ糖・麦芽糖
O.オリゴ糖
D.乳糖(牛乳やヨーグルトなど)
M.果糖(果実や蜂蜜など)
A.and
P.ポリオール(アルコール)

5.内臓痛覚過敏
最も過敏性腸症候群と関係していると言われているのが内臓痛覚過敏。「腸脳相関」と呼ばれ、必要以上に大腸が収縮して痛みを感じたことで脳を刺激し、その脳が再び腸を刺激してしまう悪循環をいいます。

6つの治療方法

1.食事行動日記を2〜4週間書き記してみる
その日の天気や行動をつぶさに書き記して客観的に自身を見ることで、対策を見つけます。

2.高FODMAP食を低FODMAP食に代える
表にまとめましたのでご参照ください。

3.食物繊維を摂る
水溶性食物繊維、不溶性食物繊維どちらも摂ってください。特に便秘型の症状には、不溶性を多く摂ってください。

水溶性食物繊維ならササヘルス

ゴボウの11倍の食物繊維で腸粘膜も保護する熊笹100%の医薬品です。

不溶性食物繊維が豊富なリナグリーン21

便秘型の過敏性腸症候群の方の腸内環境を整える栄養補助食品

4.中等度〜激しい運動をする
毎日運動することを12週間続けると43%の人が治り、その後も症状が現れていないというデータがあります。中等度とはウォーキングで1万歩、時間にして100分程度です。激しい運動とはランニングになります。因みに、同データには特定難病疾患の線維筋痛症にも有効であったとあります。

5.マインドフルネス(瞑想)をする
アメリカではポピュラーで、あらゆる疾患の治療目的で瞑想治療が行われています。一言で言えば「いまこの瞬間の感覚に集中する」ことです。例えば、呼吸に集中し、内臓に酸素が注がれる感覚を感じ取ったり、足が地面に着いている感覚を感じ取ることで、頭の中で将来の不安を予期する癖を取り除きます。

6.薬をうまく使う
栄養療法と運動療法による体づくりが基本ですが、我慢ならない苦痛を放っておくわけにはいきません。
・突発的な痛みに鎮痙剤(胃腸痙攣を鎮めます)
  ➡︎ブスコパン、チアトン、セレキノンなど

・軽鬱状態も緩和する胃腸薬
スルピリド(商品名ドグマチール)は元々胃腸薬として開発されましたが、後に気持ちを興奮させたり、緊張させたりする体内神経伝達物質ドーパミンの働きを抑制することから、抗うつ作用が注目され、過敏性腸症候群にも使われるようになりました。私もこれを使ってストレスを溜め込まなくしながら、体づくりをして治しました。先のイリボーは、興奮や緊張状態をリラックスさせる体内神経伝達物質セロトニンを抑制することから、大腸の収縮の過剰な活発化を促すセロトニンの抑制に使用されるため、この2つの薬は全く違う側面から過敏性腸症候群の症状の緩和に役立つわけです。イリボーが効かなかった方はドグマチールを、ドグマチールが効かなかった方はイリボーを試してみると良いかもしれません。ただし、飽くまでこれは対症療法なので、体づくりを並行して行なってください。

・抗生物質を使う
腹部膨満感と下痢がどうしても長く続く場合、感染症の可能性を考えて短期的に抗生物質を使います。

潰瘍性大腸炎を疑う危ない症状

1.熱が続く
2.ドロドロとした便が出る
3.血便が続く
4.関節痛を伴う
5.体重が減少ぎみ
6.50歳以上でIBSを発症
7.炎症性疾患の家族歴がある

潰瘍性大腸炎の解説ページへ
https://www.kinoshitayakuhin.com/p/22/

機能性ディスペプシア

以前は神経性胃炎などと呼ばれていました。長く続く上腹部膨満感、食後膨満感、早期満腹感と同時に他の神経症状が見られる方。

機能性ディスペプシアにおける食欲不振――食欲がないときの原因と対策

機能性ディスペプシアとは、明らかな病気がなく、検査しても原因が分からないものの、胃の痛みや食欲不振などの症状が続く病気を指します。中でも食欲不振は、食べたいという欲求がなくなったり低下したりする状態で、場合によっては栄養失調や心身の衰えにつながる恐れがありますが、漢方療法などで症状の改善が期待できます。

機能性ディスペプシアとはどのような病気?

機能性ディスペプシアとは、胃がんや胃潰瘍いかいようのような病気(器質的疾患)がなく、検査しても原因が分からないものの、胃のはたらき(機能)の悪化などによって胃もたれや胃の痛みなどの症状が続いている状態のことです。ディスペプシア(dyspepsia)には“消化不良”という意味があります。

以前は胃の痛みや胃もたれなどで受診した患者さんが、胃潰瘍や胃がんといった器質的疾患(臓器に明らかな異常が認められる病気)と診断されるケースは半数程度ありました。しかし、最近では機能性ディスペプシアという診断がつく患者さんが増えています。なお、健康診断を受けた人の11~17%、病院を受診した人の44~53%に機能性ディスペプシアが見つかるといわれています。

機能性ディスペプシアが増加している要因として、胃潰瘍や胃がんの原因となるピロリ菌に感染している方が少なくなり器質的疾患と診断される方が減ったことや、次の項目で説明するように、ストレスを抱える人が増えていることなどが考えられます。

検査

まず血液検査や腹部超音波検査を行い、必要であればピロリ菌の検査も兼ねて上部消化管(食道~十二指腸)の内視鏡検査を行います。基本的には上部消化管内視鏡検査で胃がんなどの除外が必要とされていますが、最近では若年でピロリ菌に感染している方が減っています。それに伴い、器質的疾患が見つかる患者さんは少なくなっているため、必ずしも全ての患者さんに対して上部消化管内視鏡検査を行わなくてもよいと考えられています。

一方、腹部超音波検査はほぼ必須で行っています。実は若くて痩せている方などの場合は、超音波で胃の中の様子がほとんど見えるため、内視鏡検査では見つけにくいといわれているスキルス胃がん(胃の壁を硬く厚くしながら広がるタイプの胃がん)などは腹部超音波検査でも確認できます。そのため、若い患者で、近親者にがん患者さんもいないような場合は腹部超音波検査や血液検査のみで診断することもあります。

また、機能性ディスペプシアの診断においては、膵臓がんの有無を確認することが重要です。膵臓は体の奥のほうにある臓器なので、腹部超音波検査で確認しづらい場合は腹部CT検査を行うことがあります。

機能性ディスペプシアの原因

機能性ディスペプシアの原因にはさまざまなものがあり、社会的ストレス、消化管の運動機能異常、消化管の知覚異常(少しの刺激で強い痛みなどを感じる状態)が三大要因といわれています。

また、ストレスによって知覚異常が起こったり、知覚異常によってストレスがかかったりするなど、3つの要因は相互に関連しています。そのため、1つの要因に対して治療しても症状をコントロールできないことがあります。たとえば、背景にストレスや知覚異常がある場合は、運動機能を改善しても症状がよくならないといったように、治療が一筋縄ではいかないことも少なくありません。

そのほかにも、ピロリ菌感染によって胃の中に炎症が起こって知覚過敏が生じたり、過剰に分泌された胃酸が十二指腸の粘膜を刺激して運動機能の異常を引き起こしたりすることなど、さまざまなことが機能性ディスペプシアの原因となりえます。

機能性ディスペプシアの症状と検査・診断

主な症状としては、次のような腹部症状が挙げられます。

・胃もたれ(食べたものが胃の中にたまっている状態)
早期飽満感(食べ始めてすぐにお腹がいっぱいになってしまう)

・心窩部痛しんかぶつう(みぞおちの痛み)

・心窩部灼熱感しんかぶしゃくねつかん(みぞおちが焼けるような感覚)

ただ、1つの症状だけで受診する方は少なく、胃もたれと早期飽満感があったり、胃もたれと心窩部灼熱感があったり、複数の症状が合併しているケースも多いです。

合併する病気について

機能性ディスペプシアの患者さんの約半数が、逆流性食道炎などの胃食道逆流症や過敏性腸症候群を合併しているという報告もあります。さらに、不安や抑うつなどの精神的な病気を合併している方も一部いらっしゃいます。

ご自身の症状の原因がどのような部分にあるのかを自分で判断するのは難しいケースも多いのではないでしょうか。

診断の流れ

機能性ディスペプシアの診断においては、同じような症状が現れる病気の可能性を除外すること(除外診断)がポイントとなります。そのため、まずは問診と身体診察で器質的な病気(特にがんなど)がないかを確認します。このときに重視することがアラームサイン(警告症状)です。アラームサインとしては、高齢、貧血、体重減少などが挙げられ、該当するものがある場合は上部消化管内視鏡検査や腹部超音波検査を実施し、詳しく調べることもあります。さらに、血液検査で貧血や肝機能障害などがないかも確認することが一般的です。

病院の治療

機能性ディスペプシアの治療では、胃酸分泌抑制薬(胃酸の分泌を抑える薬)や、消化管運動改善薬(胃の動きをよくする薬)、漢方薬などを使うことが一般的です。

中でも、第一選択薬(最初に使う薬として選ばれているもの)として、胃酸分泌抑制薬やアコチアミド(消化管運動改善薬)、食欲不振や胃もたれに効果が期待できる漢方薬が用いられます。第二選択薬(第一選択薬が効かないときに次の選択肢となる治療薬)としては、アコチアミドではない消化管運動改善薬やほかの漢方薬、抗不安薬、抗うつ薬が挙げられます。さらに、生活習慣や食事の改善も同時に行うことが大切とされています。

食欲不振とはどのような状態?

食欲不振とは、食べたいという欲求がなくなったり低下したりする状態のことをいいます。食欲不振の感じ方は人によってそれぞれ違いますが、患者さんは「食事が美味しくない」「お腹が空かない」といった表現をすることが多いです。

食欲不振が続くと、若い方の場合は仕事の能率が落ちたり、ひどくなると仕事ができなくなったりすることも考えられます。また、高齢者の場合はや栄養障害によってフレイル(心身の衰え)につながることもあるため注意が必要です。ただ、高齢者の場合は食欲不振の原因が機能性ディスペプシア以外にあるケースもあるため、慎重にチェックする必要があります。

食欲不振は重症例、難治例に多い

食欲不振のみられる患者さんは、胃の動きが悪くて食べられない場合もあるものの、治療をしてもなかなかコントロールできないような重症例や難治例の方に多くいらっしゃいます。食欲不振がある場合は早期飽満感や胃もたれといった病態に、さらに治療でコントロールしづらい要因が加わっていることが多いということです。

また、先述のとおり、高齢の方の場合は食欲不振の原因が機能性ディスペプシア以外の病気ということもあります。たとえば、がんや認知症などの神経系の病気、甲状腺機能低下症などでも食欲低下が起こることがあるため、こうした病気を見逃さないように、診断や治療は慎重に行う必要があります。

とはいえ病院では治らない…

プロトンポンプ阻害剤(PPI)で 胃酸を止め続けた結果・・・・・

⬇︎

加齢などによる筋力の低下
⬇︎
胃の入り口=噴門を開閉する
下部食道括約筋や横隔膜が緩む
⬇︎
噴門が開いたまま
⬇︎
逆流性食道炎
胃食道逆流症(GERD)
神経性胃炎・慢性胃炎

⬇︎

胃酸の放出を止める
PPI(プロトンポンプ阻害剤)の乱用
⬇︎
薬害性逆流性食道炎
認知症
視覚障害
を発症してしまう

添付文書(説明書)で注意喚起

胃・十二指腸潰瘍・逆流性食道炎

⬇︎
継続服用8週間まで

⬇︎
維持療法
⬇︎
リスク

・胃ポリープの発現
・胃ガンの発見遅延
・骨折リスクの増加
⬇︎
他の適切な治療への変更

プロトンポンプ阻害剤の種類

タケキャブ・ネキシウム・パリエット
オメプラゾン・オメプラール・タケプロン

他の適切な治療とは何か

実は胃酸不足

(胃酸不足と亜鉛)
胃酸の元は塩酸ですが、人は塩化ナトリウムを材料にして、塩酸を作りますが、その過程でアミノ酸が働きます。このアミノ酸の働きを促進させるのが亜鉛で、亜鉛が不足している人には胃酸低下の症状が出やすくなります。

(H2ブロッカーの長期服用の重大な副作用)
逆流性食道炎などの治療改善で処方される、胃酸の分泌を止めてしまうプロトンポンプ阻害剤(PPI)の長期服用は、貧血症状、耳鳴、筋肉の痙攣などの慢性状態を引き起こします。ある意味ではPPIや同じ性質の薬であるH2ブロッカー(市販薬ではガスター10など)の作用機序が、食物を分解するための胃酸を根元から止めてしまうことを考えれば、当然の間接的な副作用症状でもあります。これらの症状の背景に深く関わっている胃酸の素である栄養の不足・欠乏は、これら栄養素の吸収するための消化分解を決定的に阻害することで起こしているという矛盾があります。つまり、逆流性食道炎の治療と称して病院で処方される胃酸を止める薬を連用すれば、ますます逆流性食道炎が悪化するという悪循環に陥ります。

(日本人は胃酸の分泌が少ない人種)
近年では日本人の7割強に値する人々が胃酸分泌低下を患っていると推定されていますが、多くの方が何となく胃の調子が悪いと思っている程度で、胃液が少なくなっているとは気づいてないといいます。また胃酸が少ない状態だと、胃にバクテリア、ウイルス、寄生虫、イースト菌や真菌類などが住める環境になってしまうことも大きな問題です。胃酸はこれらの有機体に対する殺菌防御の役割があり、通常ではこれらの有機体が存在することはありません。そしてさらには低い胃酸状態にある人は、リウマチ性関節炎、喘息、アテローム性動脈硬化やカンジダ菌などの伝染病を持ってしまう可能性が高くなります。

胃カメラで胃に炎症が無い状態 (非びらん性胃食道逆流症/GERD)を確認

⬇︎
機能性ディスペプシア用薬
「アコファイド」
を病院で処方してもらう

⬇︎
PPIの乱用で出難くなった胃酸が
自然に作られるように回復させる
⬇︎
・アコファイドを活用
・または制酸剤を活用
・栄養療法で胃酸を作る
・運動療法で筋肉を作る

医薬品

PPIから制酸+胃粘膜修復剤に 変えて下さい

ワクナガ胃腸薬U 3+1箱(計144包)
価格:7,692
送料無料
在庫あり
在庫切れ
数量:

化学薬品は苦手という方

天然の熊笹エキス100%

ササヘルス

第3類医薬品 大和生物研究所

3本入り(約1ヶ月分)5,500円
6本入り+1本おまけ中!(約2ヶ月+10日分)10,230円
12本入り+2本おまけ中!(約4ヶ月+20日分)18,700円
24本入り+6本おまけ中!(約8ヶ月+2ヶ月分)35,200円

<効能・効果>
疲労回復、食欲不振、口臭、体臭除去、口内炎

<用法・用量>
通常1日3回、1回約2~3mL(小児半量)を冷水、茶、牛乳等にて適当に希釈して服用。症状により適宜増量。

<成分>
クマ笹の葉の抽出液

<使用期限>
2026.7〜

ササヘルス

栄養補助食品

リナグリーン21プレミアム

スピルリナ栄養補助食品

栄養補助食品 DICライフテック
高品質カリフォルニア産DICスピルリナ100%配合

(こんな方に)
・緑黄食野菜が不足がちな方
・食生活が不規則な方
・栄養管理のしにくい方
・偏食がちな方
・ビタミンミネラルが不足がちな方
・減量中のため栄養が不足がちな方
・美容面を気にされる方
・栄養補給および健康の維持・増進に

原材料
スピルリナ原末(アメリカ産100%)、食用油脂末/貝カルシウム、ビタミンC

栄養成分表示(100g中)
エネルギー 320 ~ 400kcal たんばく質 55 ~ 75g 脂質 6 ~ 9g
炭水化物 5.8 ~ 23.0g
糖質 1.8 ~ 15g
食物繊維 4 ~ 8g
ナトリウム 100 ~ 1,236mg (食塩相当量 0.25 ~ 3.14g) カルシウム 600 ~ 1,600mg 鉄 30.0 ~ 150.0mg マグネシウム 200 ~ 600mg カリウム 1,300 ~ 2,000mg ナイアシン 20 ~ 40mg
ビタミンB1 2.0 ~ 4.5mg ビタミンB2 3.0 ~ 5.0mg ビタミンB6 0.5 ~ 1.5mg ビタミンC 1,300 ~ 1,700mg ビタミンE 3.0 ~ 20.0mg ビタミンK 600 ~ 3,000μg
総カロテノイド 280 ~ 590mg
β-カロテン 90,000 ~ 280,000μg
ゼアキサンチン 70 ~ 210mg
γ-リノレン酸 900 ~ 1,650mg イノシトール 50 ~ 150mg クロロフィルa 900 ~ 1,600mg フィコシアニン 3.5 ~ 10g

(摂取目安量および摂取方法)
食品ですので特別な定めはありませんが、1日10~50粒を目安として1-3回に分けて水またはお湯などでお召しあがりください。

(大人通常量1日21粒服用した場合)
600粒入り(約1ヶ月分)7,700円
600粒入り×2本(約2ヶ月分)13,468円
600粒入り×3本(約3ヶ月分)17,658円

※リナグリーン21プレミアムは、以前は小瓶・中瓶・大瓶と箱が分けられて販売されておりましたが、「大瓶は重たいし粒をこぼしてしまう」とのお客様のご指摘をメーカーにお伝えしたところ、リニューアルして、瓶入りが600粒入りの小瓶のみとなり、600粒入り×3本が一箱に入ったものと、600粒入りが一箱に入った2種類のみに変わりました。当店では3本入りのみ取り扱っておりますので、600粒入り1本と600粒入り2本をお買い上げの方には、3本入りの箱から中身を取り出した"箱無しの状態"で梱包してお送りさせて頂いておりますので、何卒ご了承下さいませ。

(摂取する上での注意事項)
・食品ですが、体に合わないと思われる時は摂取を中止し、医師または販売店にご相談ください。
・スピルリナは納豆などと同様にビタミンKを多く含んでいます。ワルファリンを服用されている方は摂取をお控えください。
・開封後はキャップをしっかりと締めてください。
・一度取り出した粒は衛生上容器に戻さないようにしてください。
・粒に水滴など水分がつくと変色などの原因となりますのてこ注意ください。
・粒の色がバラツクことかあります。品質には問題ありませんのて、そのままお召しあがりください。
・容器は強い衝撃等により、破損することがありますのでこ注意ください。

(賞味期限)
2025.7〜

リナグリーン21プレミアム
価格:7,700
送料無料
在庫あり
在庫切れ
数量:
商品の説明
※600粒入りと600粒入り×2本をご購入の場合は、箱無しとなりますことをご了承願います。

栄養素は全て「小腸」から吸収される

加齢などで消化不良が続くと「慢性的な栄養不足」になります。車に例えれば、エンジンオイルもガソリンも無い状態です。バランスターWZを製造販売する日本クリニック株式会社は、小腸からの栄養素の吸収率を高める特許技術を唯一持っています。

桶理論

数種類のビタミン・ミネラル・アミノ酸をバラバラに摂って、体づくりはできません。下図の桶理論は「バランスターWZ」でバランス良く代謝栄養素を摂って初めて、体づくりができることを表しています。

バランスターWZ

バランスターWZ/栄養補助食品(牡蠣加工食品)

(製造販売元)
日本クリニック

(専売品ならではの特長)
天然成分のみで製造されるバランスターWZは、日本クリニックが考案した牡蠣肉エキスに加え、さらにW抽出製法特許(第3429726号)及びFC物質特許(第3267962号)の取得にも成功した、JCOE専売の特別謹製品です。特に胃腸機能が低下している基礎疾患をお持ちの方、加齢で消化不良を起こしている方でも小腸からの栄養素の吸収が素晴らしい商品です。

120粒 大人30日分 12,960円
260粒 大人65日分 25,920円
480粒 大人120日分 43,200円
1000粒 大人250日分 82,080円(全て税込価格です)

※1000粒は、480粒入り2個に携帯用4粒入り袋10袋を合わせたものを送らせて頂いておりますのでご了承をお願い申し上げます。

※製造番号を消すなどの盗品、偽物の通販にご注意下さい。

(お召し上がり方)
栄養補助食品として効率よく栄養補給して頂くために
1日2粒〜4粒を目安に水、ぬるま湯などとともにお召し上がり下さい。万一体質に合わないと思われる時には、ご飲用をおやめ下さい。

(保存上の注意)
小児の手の届かないところに保存して下さい。
直射日光の当たらない冷暗所(常温)に密栓して保存して下さい。

※天然成分を使用しているため、若干色の変化が生じる事がありますが品質に問題はございません。

(原材料名)
牡蠣肉エキス、還元麦芽糖水飴、還元水飴、セルロース、増粘剤(アラビアガム)、シェラック、カカオ色素、乳化剤、カルナウバロウ、ミツロウ

(栄養成分表示)
4粒あたり
エネルギー…5.6kal
たんぱく質…0.24g
脂質…0.01〜0.04g
炭水化物…1.46g
食塩相当量…0.03〜0.12g
亜鉛…1.50mg
グリコーゲン…440mg

バランスターWZのネット購入注意点