許せない癌ビジネスとワクチンビジネス

ノーベル賞も利権ってご存知ですか?

"ドル箱"オプジーボの薬価

2021年現在
商品名:オプジーボ点滴静注
薬品名:ニボルマブ(遺伝子組換え)注射液
薬価:100mg10ml1瓶 155,072円
年間治療費:約1,000万円
※当初は年間治療費は約3,800万円でしたが、治療対象が増えると薬価は引き下げられていきました。
国民皆保険制度により小学生未満を除く69歳まで(70歳以上でも現役並み所得者)は皆3割負担で、個人が支払う年間治療費は約300万円以上。71歳〜74歳は2割負担で約200万円以上。75歳以上は1割負担で約100万円以上になります。
<対象>
悪性黒色腫(メラノーマ)※当初は皮膚がんのみでした
切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん
根治切除不能または転移性の腎細胞がん
再発または難治性の古典できますがホジキンリンパ腫
再発または遠隔転移を有する頭頸部がん
がん化学療法後に憎悪した治癒切除不能な進行・再発の胃がん
切除不能な進行・再発の悪性胸膜中皮腫
がん化学療法後に憎悪した治癒切除不能な進行・再発の高頻度マイクロサテライト不安定性を有する結腸・直腸がん
がん化学療法後に憎悪した根治切除不能な進行・再発の食道がん

余談ですが…

長尾クリニック長尾院長はオプジーボについて、「効果があったという話を現場では聞いた事がない」とおっしゃっております。

⬇︎

ワクチンビジネスの再開

子宮頸がんワクチン「サーバリックス」

添付文書
https://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuDetail/ResultDataSetPDF/340278_631340QG1022_1_15

子宮頸がんワクチン「ガーダシル」

添付文書
https://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuDetail/ResultDataSetPDF/170050_631340TG1020_1_11

外資系製薬会社の癌ビジネス

「主要マーケットの日本」

ガンの正体

「ミトコンドリアの故障」

「ガンは特別な病気ではありません。」

安保徹著『免疫革命』

東京都福祉保健局さんの説明が解りやすい!転載

細胞の癌化の原因の20%はウイルスや菌の感染

感染の内容として、日本人では、B型やC型の肝炎ウイルスによる肝がん、ヒトパピローマウイルス(HPV)による子宮頸がん、ヘリコバクター・ピロリ菌による胃がんなどがその大半を占めます。

胃がんの原因はピロリ菌
たった7日間の投薬で防げる

生死を分けるのは何か?

がん患者10年生存率
(2021年発表)

詳細:国立がん研究センター生存率報告書
https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/brochure/hosp_c_reg_surv.html

癌細胞は糖で育ち酸素で死ぬ

桶理論

数種類のビタミン・ミネラル・アミノ酸をバラバラに摂って、体づくりはできません。下図の桶理論は、牡蠣肉エキスのバランスターWZやスピルリナのリナグリーン21プレミアムでバランス良く代謝栄養素を摂って初めて、体づくりができることを表しています。

栄養バランスの乱れ
(桶の決壊)
⬇︎
糖が代謝されず微細血管に溜まる
(ゴースト血管)
⬇︎
ガン細胞が糖をエサにして増殖

栄養不足で仮の体を作るRNA

⬇︎

しかし癌治療薬の開発は未だ途上。
漸く2021年4月に膵臓がんや乳がんに対する医師主導型治験が1年経ったところ。

国立研究開発法人 日本医療研究開発機構
成果情報 難治性乳がん・膵がんに有効な革新的核酸医薬候補の開発に成功
2021年4月13日
https://www.amed.go.jp/news/seika/kenkyu/20210423.html

第7の栄養素「核酸」

アメリカのガン治療の歴史

日本は2006年がん対策基本法

手術・抗がん剤治療・放射線治療
を選択するように法律で決める。
患者はレールの上に乗せられた。
⬇︎

がん患者の8割が 抗がん剤の副作用死

医師は抗癌剤が"マスタードガス"である事を知っています

マンモグラフィーの落とし穴

欧米では39歳以下へのマンモグラフィーは禁忌で、使用した場合、医師は傷害罪で医師免許を剥奪されます。

胸部X線検査の1,000倍の被曝量
⬇︎

乳がん

⬇︎

必ず
乳腺エコー検査を選択してください

北米産小麦に含まれる殺虫剤

発癌性の強い枯葉剤グリホサート残留の小麦が"政治的に"日本で使用されています。取引として、北米の余った小麦を日本政府が買ってあげているということです。グリホサートの危険性について、厚労省も環境省も与党もダンマリであることがそれを物語っています。多国籍企業の化学会社モンサントの枯葉剤「ラウンドアップ」は現在も独占的に日本で使われていますし、種子法が廃止され、種苗法も改正され、遂には遺伝子組み換え作物が日本で使用されます。病気になって当たり前でしょう。
https://earlybirds.ddo.jp/bunseki/report/agr/glyphosate/wheat_flour_1st/index.html

PET検査は知っている

ブドウ糖を注射してガン細胞の有無を検査する。

⬇︎

食事療法(ケトン療法)

ブドウ糖摂取を極力減らす

高濃度ビタミンC点滴

アメリカでポピュラーな治療法

がん細胞がブドウ糖(エサ)と間違えて
ビタミンCを食べる
⬇︎
がん細胞の中でビタミンCが
過酸化水素(酸素)に化ける
⬇︎

がん細胞が自滅
(アポトーシス)

ビタミンCで11種のがんリスクが低減
スプートニク 2022年2月7日
https://jp.sputniknews.com/20220207/c11-10112105.html?fbclid=IwAR0VgDPW3QgyiDoM7eNNTFC30wq-CQ2I1W0dwFKy-D8bBdyfE8KcUEzAXvQ

例:桑員クリニックさんのサイトより

栄養補助食品

栄養素は全て「小腸」から吸収される

加齢などで消化不良が続くと「慢性的な栄養不足」になります。車に例えれば、エンジンオイルもガソリンも無い状態です。牡蠣肉エキスのバランスターWZやスピルリナのリナグリーン21プレミアムは、小腸からの栄養素の吸収率が95%とほぼ100%に近い天然素材の栄養補助食品です

桶理論

数種類のビタミン・ミネラル・アミノ酸をバラバラに摂って、体づくりはできません。下図の桶理論は牡蠣肉エキスのバランスターWZやスピルリナのリナグリーン21プレミアムでバランス良く代謝栄養素を摂って初めて、体づくりができることを表しています。

人が元来持つ自然免疫力

免疫能と解毒能で

有害物質の排泄を促す

ファスティングとは

ファスティングとは、欧米であらゆる疾患の治療に補完的に利用される自然治療法で、特に西洋医学・標準医療で助からないとされる病気の治療に昨今日本でも用いられています。所謂断食と似た食事療法です。胃を休めることで一種の飢餓状態をつくり、正常細胞に異物細胞を自食させるオートファジーという人間が元来持っている免疫機能です。